無料ブログはココログ

« 今治城 | トップページ | ツーリングの誘い つづき »

2012年4月18日 (水)

今治城の中

今治城は現存天守ではない。
いや、それどころか天守が本当にあったのかも定かではないらしい。

Img_03441
↑再建の際に参考にした城ともことなってる・・・とウィキにあった

そんなわけで、当然ながら天守は鉄筋コンクリート製となっている。

外装のみの模擬天守というのは外観の趣きとは真逆の味気ない内部のギャップにがっかりさせられるもので、今治城も行くまではそんな想像をしていた。

ところが・・・ここはその上をいっていた

天守内部はどこの城でもそうであるように、城の資料・歴代城主の書や手紙・日用品そして甲冑や武器などが展示されている。

Cimg22741
↑城の内部によくある展示

ところが天守に繋がる櫓で驚いた。

Cimg22711
↑えっ・・・なんだ?

はく製に鉱物サンプル,瀬戸内海の生き物に森林分布とまるで理科準備室

Img_03411
↑でっかい白鳥やウミガメもあった

Cimg22701
↑かと思えば愛媛新聞のできるまで?

離島との間に敷設された海底ケーブルの見本もあった。

理科から社会へ変わった

更に造船に繊維?
今治の産業?

そして極めつけがこれ

Img_03421
↑怖い 確か今治繊維工業組合寄贈となってた

ここは完全に博物館だ

更に更に、城郭を成す櫓のひとつでは「今治出身の画家の絵画展」?

美術館も併設か・・・

今まで行った城には無かったなぁ〜

なかなかできない体験でした

 

« 今治城 | トップページ | ツーリングの誘い つづき »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今治城の中:

« 今治城 | トップページ | ツーリングの誘い つづき »